リンクフリーです            サンフランシスコベイエリアでの生活
by yspi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
life
food
trip
dog
interest
vehicles
フォロー中のブログ
アメリカの柴犬
リンク他
くまはな@とかち
JOKER的小車庫
なにかいいことあった?
Michi's blog
San Franciscoのひとりごと
..........................................
Profile
HN: ゆるり
家族構成: 夫一人(アメリカ人)
柴犬ゴロー(2007年12月日本生まれ)
サンフランシスコ近郊在住

メールマガジン
☆アメリカ-ベイエリアから☆

E-Mail
以前の記事
2013年 07月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
クリスマスディナー1 ブレッドプディング
d0088855_1614621.jpg
ドドーン! でかいパネトーネをいただきました。 イタリアの菓子パンです。

d0088855_1651226.jpg
美味しそう。 だけど全部は食べられないわ。 そーだレイチェル・レイの番組で紹介していたエッグノッグ・パネトーネ・ブレッドプディングを作りまひょ!

d0088855_1653881.jpgd0088855_1655285.jpg
まずはサイコロ大にカット。 卵、砂糖、ハーフアンドハーフ(乳脂肪分10~15%前後のクリーム。乳脂肪分40%の生クリームより軽め)、ナツメグ、ラム酒を混ぜてエッグノッグカスタードを作る。

d0088855_167533.jpgd0088855_1672264.jpg
上の2つを混ぜて、型に流し込み焼くだけ。 今回はクリスマスのカップケーキ型紙をつかいましょ、そうしましょ。

d0088855_1674853.jpgハイ、出来上がり! こういうデザートはパーティーの前日に作れるからありがたい。 
ターキー用のクランベリーソースやグレービーソース、それにパンも前日に作ると当日がとっても楽。
 
ちなみにこのブレッドプディングは美味しいパネトーネを使うのがミソだそうだ。 本当に美味しかったわ、ありがとうねレイチェル。
[PR]
by yspi | 2007-12-31 19:53 | food
サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ sanpo
d0088855_14681.jpg

サンフランシスコ名物 チンチン電車の続き

久々のフィッシャーマンズワーフを友達の滞在するホテルの方向へ歩いていると、アジア人の女性が赤ちゃんと共に歩いていた。 あれ~海ちゃんじゃん。 今ホテルの方へいくところだったのよ。 それじゃご主人と息子さんがアルカトラズ島視察から帰ってくるまで、そのへんをぶらぶらしましょうね。 フィッシャーマンズワーフのカニのマークの前で写真を撮ろうよ。 ちょっと立ってみて。 パチリ! あっゴメンゴメン後姿になっちゃった。(笑)  海ちゃんはアメリカに長く住んでいても日本人体型(アメリカ的な太目ふくよかにはなっていないという意味)のままでいいなぁ。 そりゃぁイケメンのブラック兄ちゃんが黙っていないよね。(実は海ちんはこの地でナンパされたのだった。クソーヒューヒュー) 

d0088855_1463652.jpg
大きなガラス張りのパン屋さんでは、道端からパン作りが見れるようになってる。 お~ワニだよ、ワニ。 大きいねぇ。 あれディスプレーだけじゃなくて、ちゃんと食べて欲しいよね、もったいないもの。 とおばさんなそんなことを話しながら覗き込むと、隣のお兄さんが何かを製作中。 
d0088855_1465215.jpg
熊さんだよ、熊さん。 写真を撮ろうっと。 とカメラを向けたらお兄さんたらポーズを作ってくれたのよ。 パンだけ撮ろうと思ったけど、せっかくだからパチリ! 顔が熊さんに似てますね、お兄さん、って褒め言葉になってないね。 とにかくありがとうね、お兄さん。
d0088855_1471611.jpgd0088855_1472994.jpg
お昼は海ちゃんのご主人、そして2人の息子さんと一緒に、サワドウ(サンフランシスコではとてもポピュラーなパン)で有名なBOUDINのレストランへ。 海ちゃんがオーダーしたのは、サワドウの真ん中をくり抜いて、そこにクラムチャウダーが入ったもの。 ちらっと写ってる息子さんの手と比較すると、アメリカサイズの大きさがわかる。 私はサンドイッチをオーダー。 おいっ、Wかよ!と思わず言いたくなるほど、でかいサンドイッチが2つで1人分。 さすが2つは食べられなかったけど、美味しいサンドイッチでした。 

2人でゆっくり話したら、ってやさしいご主人がお子さん2人をホテルに連れて行った。 そのお言葉に甘えて、私たちはただただ海やオットセイを見ながら、話して話して、夕暮れまで話して、再会を誓い、そして私は家路へと向かうのだった。
[PR]
by yspi | 2007-12-21 16:54 | life
はじめまして 双子のリリーとゾーイです
d0088855_3382889.jpg
以前紹介した夫の甥の結婚式での2人に新しい家族が増えた。 なんと双子の姉妹。 
12月2日生まれで今の体重は2800g。 小さいくてかわいい!
d0088855_3394616.jpg
彼女たちが生まれた日、夫の妹からメールで"Guess Who Arrived This Morning!"
「今朝誰が来たと思う?」とお知らせが。 えっ誰だろうって思ったら
Lily and Zoe are the two fraternal twins who arrived early this morning 
(リリーとゾーイの二卵性双生児が今朝生まれました)というメッセージと共にこの写真が添付されてきた。 新米パパのマットはとっても嬉しそう。 おめでとうマット!
 
この2枚の写真は、かのiPhoneで撮って送信されたもの。 けっこうキレイに撮れている。
[PR]
by yspi | 2007-12-14 05:30 | life
サンフランシスコ名物 チンチン電車
d0088855_13562473.jpg
11月のとある土曜日、久々にサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフへ行くことになった。 シアトルの海ちゃんが感謝祭の為、ご主人の実家カリフォルニアまで来るので、サンフランシスコに立ち寄ることになった。 それじゃぁランチでも、ということになり、久々に、本当に久々にフィッシャーマンズワーフまで出向いたのだ。 せっかく観光地に行くんだから、観光客気分を味わなくっちゃね、ということで何年かぶりでチンチン電車(ケーブルカー)に乗る事にした。

d0088855_13571766.jpgd0088855_13573036.jpg
相変わらず人気者のケーブルカー。 折り返し地点の駅では長蛇の列。 しかもほとんどが観光客。 それもそのはず、バスが1ドル50セントなのに、なんとケーブルカーは5ドル! 住民はそんな高価な交通機関を使いませ~ん。  
ケーブルカーがターンするところは、中華料理の真ん中のテーブルの様にくるくる回り、そこだけ丸い木製で堂々と道路の真ん中に鎮座している。
d0088855_1357566.jpg
しかも人力でケーブルカーを回してユーターンさせる。 最初これを見たときは、装置が壊れているから人の手を使ってるのね、たいへんね、がんばって、と心でエールを送ったものだった。 そうか、壊れてなかったのね。 昔ながらの人力作業をするのも、観光客へのパフォーマンスの1つだったのね。(笑)
d0088855_13582235.jpgd0088855_13584688.jpg
お馴染みのポールにつかまっての乗車は「バスのミラーに気をつけて」とか言われながら、ときどき身体を内に入れたりして、写真で見るほど楽ではない。 
運転手がときどき手を天井に伸ばして紐と引き、チンチンチン♪と独特の音を出す。
運転したり、ちょっとした観光案内をしたり、冗談を言ったりするのがケーブルカーの運転手。 だから声も大きくてよく通るのね。 
d0088855_1359946.jpgd0088855_13592616.jpg
これは運転席の床。 席と言っても運転手は立ったままで、手元のレバーを倒したり起こしたり、足元のペダルを踏んだりする。 それがケーブルカーの運転法。 体力仕事だね、男の仕事だね、って言ったら、そうさ筋肉がなくちゃやっていけないんだよ。 女性のドライバーはいるの? 今までたった一人だけ、その彼女は男に負けずたくましいのさ。  と、そんな話をしたり、写真撮影にも気軽に何度も応じていた。 愛嬌も必要なのね、この仕事。(笑)
とってもレトロなケーブルカー。 いったい何年使っているの? こいつはもう120年も走っているんだよ。 うわーすごいのね、この電車はサンフランシスコの躍動の時代を見ているのね。 ありがとうね、運転手さん。 とても勉強になったわ。 と言って友達の待つピア方面へ歩く私なのであった。
[PR]
by yspi | 2007-12-07 15:25 | vehicles
イタリアンブレッド&パスタの料理教室 ブレッド
d0088855_5272287.jpg
岩のようで岩ではない。 これがPAGNOTTAというイタリアのパン。 

d0088855_3502083.jpgd0088855_3503048.jpg
まずはBIGAという、講師が事前に準備しておいたスターター(イーストなどを使い、すでに醗酵させたある状態のもの)を手で暖める。 それとは別にドライイーストと水を混ぜておく。 
イーストと水は絶対かき混ぜてはいけません。 なぜなら僕のおばあさんがそう言ったから、と冗談交じりの説明は不思議と記憶に残るのよねぇ。

d0088855_3504537.jpgd0088855_3505626.jpg
小麦粉、BIGA、混ぜないでと言われたイーストと水、塩、そして水を混ぜる。

d0088855_3511165.jpgd0088855_3512356.jpg
そして、こねる、こねる、力を入れてこねる。 筋肉を使ってこねる。 まだまだこねる。 選手交代してこねる。 パン作りは筋肉が必要なんだよ、という講師の声を耳にしながらこねる。 この作業で美味しいパンになるんだろうなぁ、と言い聞かせながらこねる。 
つまり、ここで手をぬいちゃイカンということなのだな。

d0088855_811626.jpgd0088855_814285.jpg
ふきんをかぶせて一次発酵。 お~大きくなってる!

d0088855_3514695.jpgd0088855_3515771.jpg
形を整えて、二次発酵。 と、そこで時間切れ。 
あとは家で焼いてくださいね~。 ハ~イわかりましたぁ!
と言ったにもかかわらず、寄り道して帰った私のパンは車の中で巨大化していた。 そのせいなのか、焼いたら大きな穴がぁ~。(笑)
とっても美味しいパンだった。 また作りたいな。 でも今度作るときには、こねの部分は筋肉のある夫に手伝ってもらい「上手いね、天才だね!」と褒め称えよう。 そしてそれをずっと彼の仕事にしようと決めた私なのであった。ふふふ
[PR]
by yspi | 2007-12-01 16:51 | food