リンクフリーです            サンフランシスコベイエリアでの生活
by yspi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
life
food
trip
dog
interest
vehicles
フォロー中のブログ
アメリカの柴犬
リンク他
くまはな@とかち
JOKER的小車庫
なにかいいことあった?
Michi's blog
San Franciscoのひとりごと
..........................................
Profile
HN: ゆるり
家族構成: 夫一人(アメリカ人)
柴犬ゴロー(2007年12月日本生まれ)
サンフランシスコ近郊在住

メールマガジン
☆アメリカ-ベイエリアから☆

E-Mail
以前の記事
2013年 07月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:trip( 20 )
サンフランな一日 その6 Japanese Tea Garden sanpo
d0088855_7232079.jpg
お次は結婚前に夫が連れてきてくれたところのひとつ
ジャパニーズティーガーデン。 日本人の私を日本庭園に連れてくるなんて何故?と思ったものだった。 幼きころ義母が子供たちを連れて、何度か訪れたところだったとは、今回義妹に聞くまで知らなかったわ。 どうして男性諸君って、時々説明不足なの? そんな思い出が詰まった場所に連れて来てもらうのって、嬉しかったりするんだよ、女の子ってさ。(子って年じゃない、という突っ込みは今回ナシということでよろしく。 笑)
d0088855_854648.jpg
ツツジが満開でとってもキレイ! I miss Japan!
d0088855_7234196.jpg
大きな庭の一角にある茶店で一休み。
d0088855_724244.jpg
「ここに来ると必ずお茶とライスクラッカーを食べたのよ。 子供だった私たちには、そんな異文化がとっても楽しかったの。(再び義妹談)」 そーか、煎餅もライスクラッカーと呼ばれちゃうと文化交流親善大使になるわけね。
d0088855_7241857.jpg
「それとねぇ、もうひとつ必ず買ってもらったのが、ライスペーパー(オブラート)に包まったキャンディーなの。 美味しいわよ。」ってボンタン飴だよ、これ。 長らくお目にかかっていなかったボンタン飴とこんなところで出会うとは。 やはり文化交流親善大使となって、アメリカ人の子供の記憶に美味しい甘い味として残り、そして大人となった今、こうして異文化を次の世代に伝えるのだ。 日本人として I am proud of ボンタン飴、の心境だわ、私。  
d0088855_7244826.jpg
さぁ、お茶の後はお決まりの様に五重塔の前で記念写真を一枚。
d0088855_7253139.jpg
あら、こんなところに橋が。 迷わず登りましょ。
d0088855_7254950.jpg
ってギブスを付けた義妹の夫、トムまで登っちゃったのね。 気をつけてよ。 だって
d0088855_855336.jpg
階段がこんなに急なんだから。 デザイン重視で人の昇り降りまでは想定しなかったのではないかしら、と思うくらい急な階段。 しかし、そういった危ないところも、ゲーム感覚でほとんどの人が次々登って来るのが、なんともアメリカらしい。
d0088855_727431.jpg
ひとつひとつの草花は、サンフランシスコの気候のせいか、日本にある同じ種類のものと比べると、とても大きい。 しかし、それらはよく手入れされていて、日本庭園らしさを表している。

つづく
[PR]
by yspi | 2008-07-22 15:16 | trip
サンフランな一日 その5 ユニオンスクエアー
d0088855_764131.jpg
やってきました、ブランドの店や高級有名デパートが並ぶ場所ユニオンスクエアー! 
ここには毎年冬に大きな生のクリスマスツリーが飾られる。
d0088855_765769.jpg
おーい、みんなぁ、いったい誰を待ってるのぉ?
「シャーリーン(義理姉)がお花を買いに行ったのよ。 それを待ってるの。」と話しながら
待ってたら、
d0088855_771292.jpg
ルイ・ヴィトンのビルの隣の小さなお花屋さんにいるシャーリーンから携帯で、女性全員花屋の前に集合、と連絡があった。
d0088855_772577.jpg
行ってみると、それぞれに、くちなしの花のコサージュが渡された。 生花のコサージュなんて、何か特別なの? 「小さいころね、家族でユニオンスクエアーに来ると、いつもお母さん(私の義母)が女の子(夫の姉と妹)に必ずくちなしのコサージュを買ってくれたのよ」 そして、彼女らが大人になった現在、その伝統は家族にこうして伝えられたのだった。 こういう話は男である夫からは聞けないものであり、実際夫の兄も夫も、幼きころ家族と共にここに来たはずなのに、コサージュの記憶はいっさいないということであった。 
くちなしの花は、その日一日中胸元で甘い香りを放ち、それは義姉から伝えられた家族の伝統と共に、我脳裏に焼きついたのだった。

つづく
[PR]
by yspi | 2008-07-10 00:38 | trip
サンフランな一日 その4 チャイナタウン
d0088855_6442875.jpg
やってきましたサンフランシスコのチャイナタウン!
d0088855_6444969.jpg
お決まりの観光客向けチャイニーズなお土産屋さんで、ちょっくらお買い物。
d0088855_6473197.jpg
傘をひらいたり、何故か一人1本つづ「孫の手 back scratcher」を買って、異国をらしい雰囲気につかる我親族たち。
d0088855_645447.jpg
あ~らこんなところで何を読んでるの?
d0088855_8243922.jpg
チャイナタウンの入り口付近には大きな教会がある。 今まで何度もチャイナタウンには来たことがあるけれど、いつも教会はただ通り過ぎるだけ。 
d0088855_8262563.jpg
チャイナタウンの賑わいとは裏腹に、教会の中はひっそりと厳かで外とはリズムがまるで違っていた。

つづく
[PR]
by yspi | 2008-06-27 01:13 | trip
サンフランな一日 その3 PIER 45
d0088855_16595152.jpg

フィッシャーマンズワーフのあるPIER45に到着。 ここでフィッシャーマンズワーフが登場するのは2度目(前回)。  今回はカニの茹でた湯気を横目に、ワーフに隣接する場所へ。
d0088855_170683.jpg

Musée Mécaniqueには我夫とその兄弟たちが、幼いころ何度か訪れた小さなアミューズメントパークのゲーム機などある。 以前は別の場所にあったのだが、火事(だったと思う)で、その場所はなくなってしまい、残ったゲーム機などがここに移された。
d0088855_1701816.jpg

入り口の扉に貼られた、トイレの案内。 「トイレはあのビルの後ろ側にあります」と真正面のビルと指差す。 場所の説明に疲れるほど、聞かれたに違いない。(笑)
d0088855_8311933.jpg

Laffing Sal という人形でお金を入れると笑い出す。 それが小さいころはとても怖かったらしい。
d0088855_8313679.jpg

Steam Powered Motorcycle 蒸気が動力のオートバイ
d0088855_8314899.jpg

Auto electric Piano Co. Circa 1910 古ぅ~い電動ピアノ
d0088855_1723937.jpg
童心にかえりみんなでゲームを楽しんだり、
d0088855_1703592.jpg
古い小さな潜水艦に感心したり
d0088855_1705465.jpg
アルカトラス島が観える(写ってませんが 汗)外でこれまた古い船を眺めたりして、ここを後にして次なる目的地へ。

つづく
[PR]
by yspi | 2008-06-03 00:48 | trip
サンフランな一日 その2 ランチ
d0088855_7444552.jpg

やってきましたサンフランシスコフェリービルディング。 これはフェリーの桟橋側からみたフェリービル。
d0088855_7445889.jpg

サンフランシスコと湾の対岸のオークランドとの間にはヤーバ・ブエナ島がある。 ベイブリッジはサンフランシスコとオークランドを結び、ヤーバ・ブエナ島を突き抜けている長い橋なのである。 フェリービルからは海、ベイブリッジ、そしてヤーバ・ブエナ島を観る事ができる。  
d0088855_16113094.jpg

ベイブリッジが見える海辺にあるフェリープラザ・シーフードレストランでは、座っているだけでも気分爽快。 景色と雰囲気で味の倍増効果あり。 
d0088855_16115428.jpg

これがアーティチョーク。 カリフォルニアのアーティチョークは大きくてとても美味しい。 この葉っぱみたいな部分を1枚づつ歯で削ぎながら食べる。 サラダ類に属するらしく、サラダの代わりにオーダーするのが正しいらしい。  
d0088855_1612725.jpg

グリーンサラダ。 右にちらっと見えるのはカットした梨。
d0088855_16121768.jpg

クラブサラダ、ったってカニが多すぎません? カニの量までアメリカンサイズ。
d0088855_16122691.jpg

焼きそばのてんこ盛り、ではございません。 シーフードヌードルサラダとかいう命名の、コールドパスタのシーフードサラダ。 しょうゆ味ベースでごま油を使った味付けなので、焼きそばに近くなくもない。

さて、たっぷりランチを食べた後は、いよいよツアーに出発!

つづく
[PR]
by yspi | 2008-05-27 16:43 | trip
サンフランな一日 その1
d0088855_15252521.jpg

4月のある休日、親戚(夫のね)が集まりマイクロバスを貸しきって、サンフランシスコを堪能しすることになった。 集合場所はサンフランシスコフェリービルディング。 そこでのランチが出発地点。 BART(ベイエリア一帯を走る電車)の駅を出ると2階建てバスに遭遇。 側面が真っ赤で派手なのに、後ろはブラックなハードロックカフェのサイン。 そういえば、ハードロックカフェに行くのって、以前はみんな憧れてたんだよねぇ。
d0088855_15253830.jpg

フェリービルに行く途中ではアートフェアが開かれていた。 
d0088855_15295287.jpg

いろいろなお店が出ていた。 時間があればじっくり見たかったわ、また今度ねぇ~、と記念にパチリ。
d0088855_15275682.jpg

ドラマーのパフォーマンスだわ。 あら、おにーさん、いったい何を楽器にしているの? それはゴミ箱、フライパン、鍋などなどの家庭用品。 けっこういい音出すのね♪ それに楽しそう。
d0088855_15255994.jpg

と、いろいろな出来事に遭遇しながら、やってきましたフェリービルディング。 

つづく
[PR]
by yspi | 2008-05-25 16:00 | trip
台北旅日記 4 -- Trip to Taipei, Taiwan 4
d0088855_0383755.jpg

衣類の店がたくさん並ぶ町での、光り物が並ぶのお店。 なんだか昔の原宿みたい。(笑)

d0088855_039797.jpg

アメ横ではありません。(笑) ここは油化街という乾物専門のお店。 油化街にはこういう店が何件も並んでいる。 日本語はほんのちょっと、英語はほとんど通じない、というお店の人と漢字だけで筆談をする。 驚くことに、それでかなりコミュニケーションできる。 

d0088855_0394387.jpg

お買い物の記念写真。(笑) 左に鎮座している「四物湯(スウータン)」や「四神湯(ススンタン)」というのは、台湾で普通に飲むというか食べられている薬膳スープ。 漢方、および薬膳は台湾では、ごく普通に自然に食されている。 四神湯で身体がポカポカ温かくなることを実感。 すごいのね、薬膳。 と感心しつつ、台北の旅日記を締めくくる私であった。
[PR]
by yspi | 2007-08-05 00:40 | trip
台北旅日記 3 -- Trip to Taipei, Taiwan 3
d0088855_0343497.jpg

やってきました、ここは知る人ぞ知る、まぼろしの小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)。 お店の入り口では、ガラス越しに小籠包作りを見ることができる。 作っているのは全員若い男性。 野球帽をユニフォームにして、若者らしさを見せている。 残念ながらマスクで、顔の良し悪しが判断できない。(笑) お店の中は女性もたくさん働いていたので、男性だけが働く店ではないらしい。 そういえば我故郷では、天皇に献上する柿を梱包するのは、結婚前の女性(処女)。 そういう女性だけが、天皇が口にするものに触れることを許されるから、という理由らしい。 小籠包にも、そんな歴史があるのだろうか? 
d0088855_0345267.jpg

鼎泰豊での小籠包の食べ方は、まず箸で小籠包の先をつまんでレンゲの上にのせる。 先以外の場所を箸で持つと、皮が破れてしまい、スープがこぼれてしまうらしい。 右下の小皿は小籠包用のたれと千切りの生姜。 タレ味付き千切りの生姜を、レンゲにのった小籠包の上にのせて食べる。 ジュ~シィ~~で、美味しい!
d0088855_0351870.jpg

ところ変わって、こちらはベトナム料理。 台湾で食べるベトナム料理。(笑) 友人(台湾人)が連れて行ってくれただけあって、さすが美味しい。  台湾で食べたものにハズレなし。(笑) 以後「台湾」と聞くだけで幸せな気分になる私であった。
[PR]
by yspi | 2007-08-05 00:37 | trip
台北旅日記 2 -- Trip to Taipei, Taiwan 2
d0088855_20155.jpg

街で見つけた珍しいお店。 その昔、日本人の林田さんが桶屋をしていたのだろうか? 今は日本で見ることもない、懐かしい風呂桶まであった。
d0088855_203678.jpg

今回台北往復の飛行機は、ハローキティージェット。 台湾の飛行機会社が日本のキャラクターを採用しているのねぇ。 ハローキティーは台湾でも人気者。
d0088855_21546.jpg

飛行機に中でもキティーだらけ。 座席に付いてるモニターのスイッチを入れると、キティーが歌って踊りだす。 食事に付く塩や胡椒もキティーのパッケージ。 これはデザートのアイスクリーム。 アイスのスプーンはキティーのピンクのリボン。 カワイイんだけど、食べにくいったらありゃしない。(笑)
[PR]
by yspi | 2007-07-30 03:40 | trip
台北旅日記 1 -- Trip to Taipei, Taiwan 1
d0088855_3484049.jpg

今回日本に滞在中、台湾は台北に行ってきた。 台北はとても賑やか。 ゆっくり景色を眺めながら歩く、というリズムではない。

d0088855_3584152.jpg

ここは本当に歩道なの?という所がいたるところに。

d0088855_403971.jpg

地下道でも、どこでも、場所があれば店が出没する台北。 こういったたくましさが、世界中に中華街を作ったのね。
[PR]
by yspi | 2007-07-23 04:08 | trip