リンクフリーです            サンフランシスコベイエリアでの生活
by yspi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
life
food
trip
dog
interest
vehicles
フォロー中のブログ
アメリカの柴犬
リンク他
くまはな@とかち
JOKER的小車庫
なにかいいことあった?
Michi's blog
San Franciscoのひとりごと
..........................................
Profile
HN: ゆるり
家族構成: 夫一人(アメリカ人)
柴犬ゴロー(2007年12月日本生まれ)
サンフランシスコ近郊在住

メールマガジン
☆アメリカ-ベイエリアから☆

E-Mail
以前の記事
2013年 07月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
台北旅日記 3 -- Trip to Taipei, Taiwan 3
d0088855_0343497.jpg

やってきました、ここは知る人ぞ知る、まぼろしの小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)。 お店の入り口では、ガラス越しに小籠包作りを見ることができる。 作っているのは全員若い男性。 野球帽をユニフォームにして、若者らしさを見せている。 残念ながらマスクで、顔の良し悪しが判断できない。(笑) お店の中は女性もたくさん働いていたので、男性だけが働く店ではないらしい。 そういえば我故郷では、天皇に献上する柿を梱包するのは、結婚前の女性(処女)。 そういう女性だけが、天皇が口にするものに触れることを許されるから、という理由らしい。 小籠包にも、そんな歴史があるのだろうか? 
d0088855_0345267.jpg

鼎泰豊での小籠包の食べ方は、まず箸で小籠包の先をつまんでレンゲの上にのせる。 先以外の場所を箸で持つと、皮が破れてしまい、スープがこぼれてしまうらしい。 右下の小皿は小籠包用のたれと千切りの生姜。 タレ味付き千切りの生姜を、レンゲにのった小籠包の上にのせて食べる。 ジュ~シィ~~で、美味しい!
d0088855_0351870.jpg

ところ変わって、こちらはベトナム料理。 台湾で食べるベトナム料理。(笑) 友人(台湾人)が連れて行ってくれただけあって、さすが美味しい。  台湾で食べたものにハズレなし。(笑) 以後「台湾」と聞くだけで幸せな気分になる私であった。
[PR]
by yspi | 2007-08-05 00:37 | trip
<< 台北旅日記 4 -- Trip... 台北旅日記 2 -- Trip... >>